るろ剣作者書類送検で連載打ち切り!?単行本発売中止か

衝撃的なニュースが入ってきました…!

るろうに剣心などの作者で人気漫画家、和月伸宏さんが書類送検されたとのこと…!

いったいどういうことなのでしょうか?

 

sponsored link

るろ剣作者の和月伸宏が書類送検

 

女児の児童ポルノ動画を所持したとして、警視庁は21日、人気漫画「るろうに剣心」作者の和月(わつき)伸宏(本名・西脇伸宏)容疑者(47)(東京都西東京市)を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(単純所持)容疑で書類送検した。

捜査関係者によると、西脇容疑者は10月、都内の事務所で10歳代前半の女児の裸が映った動画を収録した複数のDVDを所持した疑い。容疑を認め、「小学校高学年から中学2年生くらいまでの女の子が好きだった」と供述している。

別の児童ポルノ事件の捜査で、西脇容疑者が10歳代前半の女児のDVDを購入していた疑いが浮上。同庁少年育成課が自宅を捜索し、複数のDVDを発見した。

児童ポルノの単純所持は2015年7月から処罰対象になった。性的な目的で18歳未満の子供の児童ポルノを所持・保管すると、1年以下の懲役または100万円以下の罰金が科される。

(引用元:yahoo!ニュース

 

書類送検でるろ剣連載は打ち切り?単行本も絶版?

 

書類送検の事実もかなりショックなのですが、いち漫画ファンとして気になるのは今後の作品のこと。

和月さんと言えば今年の9月から18年ぶりにるろうに剣心の新シリーズをジャンプスクエアで連載し始めたばかり。

以前からやりたいと和月さん自身が話していた北海道編で、一話から死んだはずのヒロインの薫の父が生きているという衝撃的な内容でした。

たんなる番外編ではなく、ファンも待望の正当な続編ということで期待が集まっていたばかりに、今後どうなってしまうのか非常に気になるところです…。

 

書類送検=有罪、前科確定ではない

 

ここでひとつ押さえておきたいのですが、『書類送検』という言葉です。

今回のニュースでは和月さんが書類送検になったとのことですが、書類送検とはいったいなんなのでしょうか?

書類送検とは、その名のとおり書類が検察に送られることです。

何らかの犯罪に関与していると疑わしい人(容疑者)について書類を検察に送ることで、この時点ではまだ何の罪にもなっていません。

実際に罪が確定するのは裁判での判決が下ってからですね。

 

日本では容疑者、逮捕、書類送検という言葉を聞くとイコール犯罪者、有罪というイメージがついてしまいますが、書類送検時点ではまだ罪は確定していないですし、冤罪の可能性もあるわけです。

とはいえ今回は和月さん自身が内容を認めているということなので、このままいけば有罪判決は確定してしまうでしょうが…とにかくまだ何も決まっていないわけですね。

 

しまぶー(島袋光年)の前例もある

 

ここまでの話を聞いて、古くからのジャンプファンの人は“しまぶー”のことを思い出したのではないでしょうか?

しまぶーこと島袋光年さんは、和月さんと同じくジャンプに連載していた人気作家で、『世紀末リーダー伝たけし』や『トリコ』など数多くの人気作があります。

 

そんな島袋さんですが、実は2002年に出会い系サイトで知り合った当時16歳の女子高生と援助交際をしたとのことで、児童買春禁止法違反で逮捕されています。

この事件を受けてたけしは打ち切り、コミックスも絶版となってしまいました…。

しかしその後島袋さんは2004年にスーパージャンプで新作を連載し復帰。

たけしのコミックスもワイド版で復活し、完結編も無事描かれました。

その後はさきほども挙げたトリコが8年半に渡る長期連載となり、アニメ化もされるほどの人気作品に。

完全復帰を果たします。

 

こうした島袋さんの前例から考えると、和月さんも一度は連載打ち切りになるかもしれませんが、その後の復活の可能性は十分にあるでしょう。

 

sponsored link

まとめ

 

人気漫画家が書類送検という、ファンにとってかなりショッキングなニュース。

私もるろうに剣心は大好きで、単行本も全て持っていまだに読み返すくらいですから、かなりショックを受けています…。

今回和月さんは罪を認めているとのことなので、連載打ち切りは免れないかもしれません。

しかし島袋さんの例にもあるように、今後の復帰可能性はまだあります。

仮に有罪が確定したとしても、罪を償った後にはまた面白い漫画を読ませてほしいですね。

sponsored link