さくらの親子丼7話を見逃した…なら配信動画を無料で観ちゃいましょう

さくらの親子丼の見逃し動画配信を無料で見る方法は?

 

大人の土ドラ『さくらの親子丼』、みなさん楽しんでいらっしゃいますでしょうか?

放送は次回で第7話です。

物語もだんだんと佳境に入り、展開にますます目が離せませんね!

 

今回は『さくらの親子丼』第6話の振り返りと、次回放送の第7話のあらすじをチェックしてきましょう!

見逃した放送回がある!という人のためには、『さくらの親子丼』の動画を無料で楽しめる方法もご紹介しますよ!

ぜひ、最後までチェックしてくださいね♪

 

『さくらの親子丼』第6話の振り返り(ネタバレ)

さくら(真矢ミキ)は、自身との因縁を知ったあざみ(吉本実憂)に対しどんな態度を取っていいのかわからず、意識的に避けるようになった。そんな矢先、恭子(本仮屋ユイカ)が実家の九十九堂に戻ってきた。あざみを居候させるさくらの真意を知り、またジャーナリストとしての好奇心からの行動だった。急にあざみに対してよそよそしくなったさくらに対し、恭子は「母さんらしくない」と制した。一方あざみは、俊太(塚田僚一)の精肉店のアルバイトに欠員ができたと聞き、働くことにする。

ある日、“たまりば”に出入りしている剛志(柾木玲弥)がびしっとスーツでキメてやってきた。しかしこの日は、さくらは剛志に親子丼を作ろうとせず、「これから死にに行こうとするあんたに食べさせる親子丼はない」と突っぱねる。実は剛志は、ヤクザの兄貴分に組の若頭を襲撃するよう命令されていたのだった。憤然として九十九堂を後にする剛志を心配そうに見つめるあざみに、さくらは彼の悲しい過去を話す。剛志は崖から車で海に飛び込んだ一家心中の生き残りで、早く家族のもとに行こうと死に急いでいたのだ。剛志の身を案じたあざみは、翌朝剛志のアパートを訪ねる。するとそこで、衝撃の事実が発覚する…。

 

九十九堂に帰ってきた恭子に土下座をするあざみ。

その姿に驚く恭子でしたが、さくらから「お兄ちゃんが守った命を守りたい」と気持ちを聞いて、私もそう思ったとあざみに話す恭子。

被害者家族と加害者家族である二人のわだかまりがスッと消えていくようでした。

 

「これから死に行こうとするあんたに食べさせる親子丼はない」と剛志にあえて厳しくしたさくら。

親子丼を食べることなく、ヤクザの仕事を手伝いに行った剛志でしたが、結局ギリギリのところで警察が駆け付け、剛志は何もしないままでした。

そして、剛志の身を案じたあざみがアパートを訪ねると、そこへ警察官がやってきたのでした。

 

血相を変えてさくらのもとへ帰ってきたあざみは「剛志さんのお母さんが生きていた」と報告します。

その後しばらくして、九十九堂にやってきた剛志とその母。

母親は心中の後に保護されていましたがその時のショックから精神年齢が幼児のころに戻ってしまっていました。

そんな母親と暮らすことを決意した剛志は一生懸命に働き、母親の世話をすべて一人で見ることに。

剛志の姿をみて、どうして自分を殺そうとした母親にそこまでやってやれるんだよ、と自分の境遇と重ね合わせるあざみでした。

 

そんなある日、精肉店の配達の途中に剛志の母親と出会うあざみ。

ひとりでふらふらと行動する剛志の母親をそのまま放っておくこともできず、振り回されながらもついていき世話を焼いてやることに。

 

俊太から「あざみが配達に行ったきり連絡が取れない」と聞いたさくらは心配でいてもたってもいられず、何度もあざみに電話をしていました。

やっとあざみが電話に出ることができた際、急に剛志の母親が道に飛び出しトラックに跳ねられそうに。

それをかばおうとしたあざみも電話を途中で切り上げてしまったため、さくらは余計心配になります。

 

しばらくして軽いけがをしたあざみが九十九堂に戻りますが、さくらは「どれだけ心配したと思ってるの」と泣きながらあざみの頬を叩きます。

びっくりして、ちょっと理不尽とも思えるさくらの行動に腹を立てるあざみでしたが、真剣になきながらあざみを心配したというさくらの姿に、あざみも大きな愛情を感じているようでした。

 

『さくらの親子丼』第7話のあらすじ

最近、さくら(真矢ミキ)の親子丼のリクエストがない。というのも、“たまりば”ではここのところ少年少女がピンポン大会に熱中していて、親子丼どころではない様子だ。盛り上がる様子を、あざみ(吉本実憂)も退屈そうな目で眺めていた。

そんな中、ピンポン大会の情報をSNSで見た少年・東海林直晃(沖門和玖)が親子丼を食べにやって来た。久しぶりに親子丼を作り張り切るさくら。実は直晃は自宅で引きこもり状態で、母・美春(中島ひろ子)に暴力までふるうように。途方に暮れた美春はインターネットで見つけた自立支援施設に相談し、抵抗する直晃を半ば強制的に施設に入れてしまう。

自立支援施設の話は、恭子(本仮屋ユイカ)の編集部でも話題になっていた。親に代わって引きこもりの子どもを自立させるというビジネスが増える中、高額な料金を取りながらろくに教育をしない悪徳企業があるとの情報があり、恭子は取材に訪れる。その施設ではトレーナーの指示の元、厳しいトレーニングに耐える直晃の姿があった。

数日後、さくらの元に再び直晃が親子丼を食べに来る。むさぼるように親子丼を食べたあとも、どこか帰りたがらない様子の直晃……。しかしさくらはそれに気づかず、直晃を帰してしまう。帰り際、彼とすれ違った恭子から、直晃のことや施設の様子を聞いたさくらは、直晃を帰したことを後悔する。翌日、恭子と一緒に施設に乗り込むさくらだが…。

 

今回は自立支援施設が一つのテーマになるようです。

ひきこもりで暴力を振るう息子とその母親を中心に、さくらたちが奔走するようですね。

実家の九十九堂に帰ってきた恭子も、仕事柄もありますが、最近はさくらの良き協力者になっていますよね。

 

今回もそんな恭子の手助けを借りながら、問題の施設に乗り込むとのこと。

施設が間に入る親子の問題をどう解決にもっていくのか、展開に期待です!

 

『さくらの親子丼』の見逃し動画はFODで無料視聴!

 

ヒューマンドラマ『さくらの親子丼』、それぞれの主に親子の問題にリアリティがあり、絆ということについて考えさせられる物語です。

今後のストーリー展開にますます注目です。

そんな話題のドラマ『さくらの親子丼』ですが、うっかり見逃した!なんて方はいませんか?

また、最初からストーリーを見直したい!という人。

 

 

そんな人にここで朗報をお伝えします!

実は『さくらの親子丼』は、FODプレミアムで絶賛配信中なんです!

FODプレミアムは、フジテレビが展開するオンデマンドサービス。

さくらの親子丼をはじめとするフジテレビの最新ドラマや、過去の名作、バラエティなどの作品をいつでもどこでも楽しむことができちゃいます。

しかもFODプレミアムは通常月額888円ですが、今なら無料お試しキャンペーンを実施中!
31日間完全に無料でサービスを試すことできます。

登録方法も簡単で、

  1. Yahoo!JAPANIDでログインする
  2. Yahoo!ウォレットでクレジットカード決済を利用する
  3. FODプレミアムに登録する

とたったの3ステップ。

Yahoo!JAPANIDは誰でも無料で作成することができますし、決済方法としてクレジットカードを登録しますが、無料期間中に解約すれば料金がかかることは一切ありませんので安心ですね。

だからたとえば見逃してしまった『さくらの親子丼』を視聴したらすぐに解約してしまえば、完全に無料というわけ。
もちろんFODプレミアムにはさくらの親子丼以外にも面白い作品がたくさんありますし、気に入ったら継続するのもありですよ。

とにかく、さくらの親子丼を完全無料かつ合法に楽しめるのはFODプレミアムだけなので、つい見逃してしまったという人は今すぐFODプレミアムに登録しちゃいましょう!

 

>>今すぐFODプレミアムを1ヶ月間無料で体験する!!

まとめ

 

『さくらの親子丼』の第7話が放送間近です。

あざみに対してまだ真剣に話ができていないさくらですが、今回の放送で何か進展はあるでしょうか。

 

放送を見逃してしまった人や初回から動画を見たい!という人はぜひFODをお試しください!

『さくらの親子丼』はこれからでも十分に楽しめますよ!

FODの無料動画視聴で『さくらの親子丼』を楽しんじゃいましょう♪

 

>>今すぐFODプレミアムを1ヶ月間無料で体験する!!