さくらの親子丼5話を見逃した!配信動画を無料で観る方法はコレ!

さくらの親子丼の見逃し動画配信を無料で見る方法は?

 

真矢みきさん演じる主人公さくらが、自身の営む古本屋で振舞う親子丼を通し、様々な理由で社会になじめず生きている人々と心通わすヒューマンドラマ『さくらの親子丼』。

これまでに4話の物語が放送されましたが、みなさんチェックされていますか?

親子丼を振舞うことで、社会に行き場をなくしてしまった人々の心のよりどころをつくる主人公さくらの姿が真矢みきさんにピッタリと話題です。

登場人物の心の動きが今後も気になるドラマですね。

 

今回はそんな『さくらの親子丼』第4話の振り返りと放送間近の第5話のあらすじをチェックしていきたいと思います!

また、放送を見逃してしまった…!という人のために、『さくらの親子丼』の動画を無料で楽しめる方法も詳しくお伝えします!

ぜひ最後までチェックしてくださいね♪

 

『さくらの親子丼』第4話の振り返り(ネタバレ)

さくら(真矢ミキ)の古本屋・九十九堂に、摂食障害に苦しむ小学校教諭・御代川由希(大西礼芳)の母・峰子(森口瑤子)が訪れた。たまりばにいる人たちを怪しく見ていた峰子は、由希もこの場所で親子丼を食べているとさくらから聞き、不快感をあらわにする。峰子は由希に決して九十九堂に近づかないよう警告するが、後日、由希が銀行やローン会社から多額の借金をしていることを知り驚愕する……。

そんな折、さくらは俊太(塚田僚一)が持っていた雑誌の記事から、恭子(本仮屋ユイカ)が未成年の少女が起こしたリンチ事件の取材をしていることを知る。その事件の加害者は、あざみ(吉本実憂)の不良仲間であるリエ(柳美稀)だった。恭子の記事を見て被害者がいまだに寝たきりの状態だということを知り、リエは苦しむ。「ウチの気持ちなんてわからないくせに」と言われたあざみは、自分の母親が人を殺したことを語り、泣いてリエを抱きしめるのだった。

一方、峰子のプレッシャーに耐えかねた由希は、ついに学校を無断欠勤するようになった。そんなある日、さくらの元に警察から一本の電話がかかってきた。摘発した風俗店関係者の中に由希がいたというのだ。さくらに助けを求めた由希は、峰子との縛られた親子関係を静かに話し始めた。そして泣き崩れた由希の手首に、さくらはリストカットの跡を見つける。極限まで追い詰められた由希を救おうと決心したさくらは、峰子に会いに御代川家を訪ねることにするが…。

 

今回は教師の由希が追い詰められていることに気付いたさくらが、由希の自宅を訪ね母親の峰子と直接対話をする部分に大きな意味合いがあったように思いますね。

由希のこれまでの人生が母親峰子の過干渉によるものであり、大人になった今なおその支配から逃れられず、心のバランスを崩していたのでした。

さくらは自身も息子を亡くしその過去から逃れられていないことを打ち明け、「私も息子から卒業するからあなたも。」と諭す姿には、由希だけでなくその母親に寄り添う優しさを感じました。

 

由希が幼いころに食べていた母親の味の親子丼を再現して振舞ったさくら。

由希と母親の関係に温かく寄り添うような場面でした。

 

峰子との出会いはさくらが息子の過去と改めて向き合うきっかけとなったようですね。

今後の展開がますます気になります。

 

『さくらの親子丼』第5話のあらすじ

自分の発言が元で、母のさくら(真矢ミキ)が亡き兄の部屋を跡形もなく片付けたことに落ち込む恭子(本仮屋ユイカ)。そんな恭子を必死になぐさめる俊太(塚田僚一)だったが、話の流れから口を滑らせ、あざみ(吉本実憂)が兄を刺した加害者の子どもだということを恭子に話してしまう。

たまりばに向かった恭子は、「あざみが家に入るのは許せない」とさくらに怒りをぶつける。しかしさくらは「あざみは悠平が命をかけて守った命」と話し、あざみにこの事を言わないよう強く口止めする。しかしその2人のやりとりを偶然、あざみが聞いてしまっていた…。呆然として店を出たあざみは泣き崩れる。

さくらの元に帰りづらくなったあざみは、リエ(柳美稀)たち不良仲間のもとにいた。しかし自暴自棄になったリエの体調が悪くなり、結局さくらに助けを求めるあざみ。九十九堂で看病する中で、さくらは恭子が取材している傷害事件の加害者少女がリエだったと知る。被害者が今でも寝たきりの状態であることを知り自暴自棄になっているリエに対し、同じく未成年が起こした事件の被害者であるさくらは、自身の気持ちをぶつける。その言葉を受け、リエとあざみはある行動に移す…。

 

今回放送の第5話では、物語が大きく展開しそうですね!

前回、息子の思い出を引きずりすぎだと強くさくらに当たったことを後悔していた娘の恭子でしたが、さくらと同居するあざみが兄が身代わりとなって助けた子供本人だと知ってしまうとのこと。

もともと九十九堂でのさくらが親子丼を振舞うことに反対している恭子なので、今回の事実を知ってまたさくらに反発を強くすることもわかりますよね。

 

また、あざみ本人もさくらが自分の身代わりとなって死んだ店員の母親だという事実を偶然知ってしまうということ。

あざみ本人は悪くはないのですが、自分を殺そうとした母親がいつも自分に良くしてくれているさくらの実の息子を殺した犯人だという事実はとても残酷なものですよね。

 

そして、過去の傷害事件で相手を寝たきりにさせてしまったあざみの友人リエも、その過去から逃げられず自暴自棄になっています。

そんなリエに対し、前回自分の過去を話し寄り添っていたあざみ。

そんな二人がある行動に出るとのこと。

一体どんな行動に出て、さくらたちにどのような影響が出るのか、今回も見逃せないですね!

 

『さくらの親子丼』の見逃し動画はFODで無料視聴!

 

毎回九十九堂に集まる人々とさくらの向き合い方に心温まる『さくらの親子丼』。

息子を殺されてしまったというさくら自身の過去についても、大きな展開が期待される今後ですね。

そんな話題のドラマ『さくらの親子丼』ですが、放送時間が遅めということもあり「見逃してしまった…!」「録画西敗してしまった!」そんな人もいるでしょう。

そんな人にここで朗報が!

実は『さくらの親子丼』は、FODプレミアムで絶賛配信中なんです!

FODプレミアムは、フジテレビが展開するオンデマンドサービス。

さくらの親子丼をはじめとするフジテレビの最新ドラマや、過去の名作、バラエティなどの作品をいつでもどこでも楽しむことができちゃいます。

しかもFODプレミアムは通常月額888円ですが、今なら無料お試しキャンペーンを実施中!
31日間完全に無料でサービスを試すことできます。

登録方法も簡単で、

  1. Yahoo!JAPANIDでログインする
  2. Yahoo!ウォレットでクレジットカード決済を利用する
  3. FODプレミアムに登録する

とたったの3ステップ。

Yahoo!JAPANIDは誰でも無料で作成することができますし、決済方法としてクレジットカードを登録しますが、無料期間中に解約すれば料金がかかることは一切ありませんので安心ですね。

だからたとえば見逃してしまった『さくらの親子丼』を視聴したらすぐに解約してしまえば、完全に無料というわけ。
もちろんFODプレミアムにはさくらの親子丼以外にも面白い作品がたくさんありますし、気に入ったら継続するのもありですよ。

とにかく、さくらの親子丼を完全無料かつ合法に楽しめるのはFODプレミアムだけなので、つい見逃してしまったという人は今すぐFODプレミアムに登録しちゃいましょう!

 

>>今すぐFODプレミアムを1ヶ月間無料で体験する!!

まとめ

 

『さくらの親子丼』の第5話はいよいよさくらの息子が殺された過去について、当事者である人々が動き出す重要な回となりそう。

見逃してしまった人、初回からストーリーをおさらいしたい人はぜひFODを活用してみてくださいね!

『さくらの親子丼』にハマるのは今からでも遅くありません!

FODの無料動画視聴で『さくらの親子丼』を楽しんじゃいましょう♪

 

>>今すぐFODプレミアムを1ヶ月間無料で体験する!!