韓国版続編のキョウリュウジャーブレイブ!日本での放送や配信はいつ?

獣電戦隊キョウリュウジャーブレイブ

 

2013年から2014年にかけて放送されたスーパー戦隊シリーズ第37作『獣電戦隊キョウリュウジャー』。

『史上最強のブレイブ!!』を合言葉に、恐竜をモチーフとした明るくド派手でコミカルな作風は歴代シリーズの中でも非常に人気の高い作品となりました。

そんな“ブレイブな奴ら”の物語ですが、なんでも新たな動きがあるようで…。

 

なんと続編の『獣電戦隊キョウリュウジャーブレイブ』の制作が決まったようです!

しかも制作は日本ではなく韓国!?

一体どういうことなのか、真相を確かめていきましょう!!

 

獣電戦隊キョウリュウジャーブレイブとは?

 

さて、それではさっそく『獣電戦隊キョウリュウジャーブレイブ』について詳しく見ていきましょう。

さきほどもご説明したように、獣電戦隊キョウリュウジャーはスーパー戦隊シリーズの第37作目として、2013~2014年に放送されました。

本編終了後の恒例となっているVシネマ『帰ってきた獣電戦隊キョウリュウジャー 100 YEARS AFTER』や、翌年の戦隊映画へのゲスト出演も『烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャー THE MOVIE』で果たし、キョウリュウジャーとしての作品展開は2015年で終了したのですが…。

2017年の3月になって衝撃の特報が!

 

 

なんと東映の制作陣と韓国キャストによる韓国版オリジナル続編『獣電戦隊キョウリュウジャーブレイブ』が発表されたんです!

(※韓国版タイトルは『パワーレンジャーダイノフォースブレイブ』)

なにがなんだかまだよくわからないですよね(笑)

もう少し整理してみましょう。

 

パワーレンジャーってなに?

 

そもそもパワーレンジャーをご存知のない方も多いかもしれませんので少し説明を。

『パワーレンジャー』とは、1993年からアメリカで放送されているスーパー戦隊シリーズの英語版ローカライズ作品です。

基本的には前年に放送された日本のスーパー戦隊シリーズをリメイクして、ドラマパートは現地の俳優さんを起用し、戦闘シーンなどは日本の映像を流用するスタイルで制作されています(最近では一部現地での撮影も)。

当時子供向けの本格的な実写番組がなかったアメリカで大ヒットし、いまや「北米で最も成功した日本のコンテンツ」と呼ばれるくらい、現地でも有名な長寿シリーズとなっています。

 

日本での放送は初代のパワーレンジャーが飛び飛びで放送されたくらいで、当初は日本側もアメリカ側も積極的な関わりは持っていませんでした。

ただ最近では2011年にパワーレンジャーの吹き替えプロジェクトが立ち上がったり、2017年には最新の激情版が日本にも逆輸入されるとあって、積極的な逆輸入も行われてきました。

パワーレンジャーは日本のスーパー戦隊ファンの中でもますます注目が高まっている作品シリーズなんです!

 

韓国でのパワーレンジャー

 

そんなパワーレンジャーシリーズですが、キョウリュウジャーベースの『パワーレンジャーダイノチャージ』が2015年に、続編の『パワーレンジャーダイノスーパーチャージ』が2016年に制作されました。

これがパワーレンジャー版のキョウリュウジャーですね。

 

ただ、韓国では基本的に日本で前年に放送されたスーパー戦隊シリーズをそのまま韓国語に吹き替えて『パワーレンジャー』として放送しています。

つまり日本の獣電戦隊キョウリュウジャーの韓国語吹き替え版が『パワーレンジャーダイノフォース』なんですね!

そういえば北米版のキョウリュウジャーベースは『ダイノチャージ』でしたが、韓国では『ダイノフォース』とタイトルも違います。

ややこしいですが、韓国のパワーレンジャーはアメリカとは違ってほぼ日本のままというわけです。

 

パワーレンジャーダイノフォースが大ヒット!

 

『パワーレンジャー』の名前で韓国で放送された日本の『獣電戦隊キョウリュウジャー』吹き替え版。

これが韓国でも史上稀に見る大ヒットで、おもちゃも争奪戦になるくらいだったそう。

そこでぜひ続編を!ということになったわけで、今回制作される『パワーレンジャーダイノフォースブレイブ』まで辿り着くわけです。

韓国ではすでに予告編やオープニング映像が公開されていました!

 

 

…これは正直、想像以上のクオリティではないでしょうか?

これならキョウリュウジャーやスーパー戦隊シリーズの壊さず、違和感なく続編として受け入れられる気がしますね。

 

ただ日本の吹き替え版の続編なら日本のキャストで続編を作れば良いんじゃないの?なんて日本のファン的には思ってしまいますが…。

最近のこととはいえ、数年前のシリーズのオリジナルキャストを全員集めて長期で撮影するというのは中々難しいものですし、一度完結したシリーズで本格的な続編が作られたというのはこれまでのスーパー戦隊の歴史の中でも一度もありません。

韓国でヒットして韓国で続編が望まれているということなら、韓国人のキャストで問題ないということなのでしょう。

いずれにしても日本にも、アメリカにもない、完全に韓国オリジナルのキョウリュウジャーがどうなるのか今から楽しみですね!

 

キョウリュウジャーブレイブの日本での放送や配信はある?

キョウリュウジャー ブレイブ 続編 韓国

 

日本でもアメリカでもいまだかつてないシリーズの本格続編が制作されるいわば“韓流キョウリュウジャー”な『パワーレンジャーダイノフォースブレイブ』。

本家本元の日本でも観ることはできるのでしょうか?

 

色々調べましたが、現時点(2017年3月)では残念ながら情報は出ていません。

ただおそらく高確率で日本での展開もあることでしょう!

なぜならさきほどもご紹介しましたが、日本の東映が公式ツイッターを作成し『獣電戦隊キョウリュウジャーブレイブ』の名前で情報を発信しているわけですから!

 

 

 

本命は動画配信サービスでの限定公開ですが、もしかすると日本でもテレビで放送されたり…?

地上波は難しくても、CSあたりなら可能性があるかもしれませんね。

東映によると3月中旬に詳細が発表されるとのことですから、また詳細が分かり次第お伝えします!

 

※3月17日更新

日本でも4月14日(金)11:00~、バンダイ公式YouTubeチャンネルと東映特撮ファンクラブで配信されることが発表されました!

Youtubeで見られるのは利用しやすく手軽で良いですね!

ただ有料なのか無料なのかは現在のところ不明でした。

東映特撮ファンクラブは基本月額制のサービスですし、Youtubeでも有料の課金制度があるのでもしかすると有料配信かもしれません。

おもちゃやCDの展開もあるようなので、動画は無料の可能性もありますがどうでしょうか?

このあたりは情報が出次第またお伝えしていきます!!

 

またキャストも日本で活動している韓国のアイドルグループのメンバーが多いらしく、撮影も日本と韓国の両方で行われるよう。

となると、韓国製キョウリュウジャーの日本語吹き替え版のようなものも今後用意されるのかもしれませんね!

 

日本での配信版は日本語での吹き替えが行われることも正式に発表されました!

吹き替えを担当するキャラクターと声優さんの一覧がこちらになります。

 

クォン・ジュヨン/ブレイブキョウリュウレッド 演:セヨン 声:本城 雄太郎
チョン・ヒュンジュン/ブレイブキョウリュウブラック 演:ホン・ソンホ 声:金城 大和
キム・セチャン/ブレイブキョウリュウブルー 演:オ・セヒョン 声:坂井 易直
イ・プルン/ブレイブキョウリュウグリーン 演:インジュン 声:小林 大紀
ユン・ドヒ/ブレイブキョウリュウピンク 演:イ・ユジン 声:沖 佳苗
ジュヒョク/ブレイブキョウリュウゴールド 演:イ・セヨン 声:山本 匠馬
トリン 声:森川 智之
キャンデリラ 声:戸松 遥
ラッキューロ 声:折笠 愛
デイザルス 声:堀内 賢雄
ライメイン 声:林 大地
ホムラス 声:稲田 徹
ウェイハブ 声:あべ そういち
ツライラ 声:渡辺 和貴
アラッシュ 声:藤巻 大悟
ジナリック 声:西谷 修一
ナレーション 千葉 繁

 

ファンの人は一見してわかる人ばかりの、かなり豪華なメンツですね!!

特撮に縁のある人がたくさんいます。

トリンやキャンデリラ、ラッキューロは引き続き同じ声優さんが続投。

キャラクターが出るだけでも嬉しいですが、声も同じなのはファン的にはとても嬉しいですよね!!

ナレーションも変わらず千葉さんということで、あの超ハイテンションな声が聞けるかと思うとそれだけでワクワクしてきますね(笑)

 

そして注目なのが…ブレイブキョウリュウブラック:金城大和のところでしょう!!

金城さんと言えば前作ではキョウリュウブルーの“ノッさん”こと有働ノブハル役を演じた役者さんです。

ノッさんがブラックなんて…ちょっと違和感ですが、どこかで「どっこいしょ~」とか入れてくれることを期待しちゃいますね(笑)

 

また音楽も、日本版のオープニングテーマ「獣電戦隊キョウリュウジャーブレイブ」を歌うのは前作に続き鎌田章吾さんということで、こちらもこみ上げる熱い気持ちが…!

現時点で発表された情報だけでも、キョウリュウジャーを見ていたファンの人ならたまらないポイントがたくさんありますね!

 

 

キョウリュウジャーの動画を無料で見る方法!

 

まさかの韓国版で続編が制作されることになった『獣電戦隊キョウリュウジャー』。

驚きもありましたが、続編が観られるのはファンとして純粋に嬉しいですよね!

日本での放送も期待して待ちましょう♪

 

そうそう、続編である『獣電戦隊キョウリュウジャーブレイブ』を120%楽しむなら今の内に本家本元のキョウリュウジャーも視聴しておきたいところですね!

今までキョウリュウジャーを見たことが無かった人はもちろん、すでに見たことがあるという人も復習として改めて観ておくことをおすすめします。

私も久々に懐かしくなって観たのですが、キョウリュウジャーは前年のゴーバスターズとの対比もあって王道のスーパー戦隊らしさ満載なところが非常に楽しかったですよ!

またVシネマ版の『帰ってきた獣電戦隊キョウリュウジャー 100 YEARS AFTER』は今回の件で存在を思い出してはじめて観たのですが、これもまたキョウリュウジャーらしい期待を裏切らないノリで最高に楽しめました(笑)

私のように本編だけ見てVシネマを見ていなかったという人は確実に損をしているので、ぜひVシネマも観ておいてほしいですね。

 

 

ちなみにキョウリュウジャーの動画を無料で観たいなら、『TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)』が圧倒的におすすめです!

TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)は、最近流行の動画配信サービスと、TSUTAYAのDVDやCDレンタルサービスを組み合わせた総合映像サービスです。

最近は動画配信サービスも充実してきましたが、どうしてもゴールデンのドラマや映画、深夜アニメが中心で、スーパー戦隊みたいな特撮ヒーロー作品って配信事情が微妙なんですよね…。

実際、私も今回のキョウリュウジャーブレイブの放送にあたっていちから見直そうとhuluやU-NEXT、dtvなど色々調べたのですが、キョウリュウジャーを全編配信している有名な動画配信サービスはありませんでした。

auビデオパスはここのところ特撮に力を入れていて最新のキュウレンジャーの見逃し放送などが観られるのですが、同じくキュウレンジャーもなく…そもそもauユーザー以外は利用できないので私は利用できませんでした。

 

そこでレンタルならやっているかな~と調べたところ、なんとTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)ならDVDのレンタルと配信のどちらでも視聴可能でした!

テレビシリーズの本編はもちろん、劇場版やVシネマも全て揃っていましたよ!

そもそも特撮は配信自体やっていないことも多いのですが、TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)なら配信が無くてもレンタルで観られるので抜け目ないですね!

 

TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)では3種類のプランが用意されていて、

  • 動画見放題:税抜き933円
  • CD/DVD借り放題(宅配レンタル):税抜き1,865円
  • 見放題&借り放題:税抜き2,417円

といった料金体系になっています。

CDやDVDは新作は原則月に8枚まで、旧作は無制限ですがキョウリュウジャーは旧作なので一気に全巻借りることができます!

 

しかも今ならなんとお試しキャンペーンで30日間無料なので、30日間で完走すれば完全に無料でキョウリュウジャーの全作品が楽しめるというわけ。

これはレンタル派の人でも、近くのTSUTAYAに行ってお金を払うよりDISCASでお試し期間中にまとめ借りしたほうが得ですよね。

そもそも近場の店舗には在庫がないこともありますし…そんな問題も専用在庫で宅配で届けてくれるDISCASなら解決されます。

 

今すぐ一気見したい人は配信で、テレビでゆっくり高画質な作品を楽しみたい人はレンタルで。

TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)で思いっきり楽しんじゃいましょう!

>>TSUTAYA DISCAS公式サイトへ

 

まとめ

 

韓国キャストで続編が作られることになった『獣電戦隊キョウリュウジャー』。

異例のこと尽くしでまだ理解が追い付かない部分もありますが、解禁されている情報だけでも非常に楽しみですよね。

今の内にTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)で、テレビシリーズや劇場版、Vシネマを復習しておきましょう!

 

>>TSUTAYA DISCAS公式サイトへ