健康で文化的な最低限度の生活2話の見逃し動画の無料視聴はココでこの方法がベストです!

健康で文化的な最低限度の生活の動画無料視聴方法とあらすじキャスト主題歌情報!

 

吉岡里帆さん主演のドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』。

カンテレ・フジテレビ系で毎週火曜日の夜9時から放送中です!

 

原作が同名の大人気漫画ということもあり、初回放送を見てハマった人も多いようですね♪

安定を求めて就職した公務員。

しかし配属されたのは、生活保護を取り扱う生活課。

それぞれの事情や人生を抱える受給者と触れ合いながら日々奮闘することで、新米ケースワーカーの主人公が成長していく物語です。

 

今回は、そんな日々奮闘する主人公に勇気をもらえるドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』の第1話の振り返りと、第2話のあらすじをご紹介します!

このドラマの見逃し動画を無料で見られるお得な方法もお伝えしますよ!

ぜひ、最後までチェックしてくださいね♬

 

>>FODを1ヶ月間無料で試す!

 

『健康で文化的な最低限度の生活』初回放送、第1話の振り返り(ネタバレ)

 

かつて映画監督を目指したが挫折し、安定・平凡を求めて公務員になった義経えみる(吉岡里帆)。これでこの先の人生も安泰だとホッとしたのも束の間、栗橋千奈(川栄李奈)や七条竜一(山田裕貴)ら4人の同期とともに配属されたのは、生活保護受給者を支援する、激務必至の生活課だった…。早速、えみるも先輩ケースワーカーの半田明伸(井浦新)から担当を任されるが、その数なんと110世帯!福祉の知識もなければ人生経験も足りないえみるは、受給者たちの様々な人生模様に触れ、大きな不安と戸惑いの中で、ケースワーカーとしてのキャリアをスタートする。
そんなある日、役所にかかってきた一本の電話が、えみるの運命を大きく左右することになる。えみるの担当受給者である電話の主は、突然「これから死にます」とだけ告げ、電話を切ってしまう。大慌てのえみるにたいして、前任者や親族は、いつものことだからとまともに取り合おうとしない。しかしこれが、新人のえみるにとってはあまりにショックな事件へと発展してしまう。配属早々、厳しい現実を突きつけられたえみるは、自分なりに受給者たちの人生に寄り添っていかなければならないと決意する。
しばらくして、えみるは求職活動中の受給者・阿久沢正男(遠藤憲一)と面談をすることに。阿久沢は、健康上の問題はないのになぜか咳が止まらず、聞けば、一日一食しか食べていないという。えみるから報告を受けた、えみるの上司の京極大輝(田中圭)は、阿久沢のお金の使い道に何か秘密があるのではとにらみ、「すぐに家庭訪問。徹底調査!」と指示を出す。意を決して阿久沢の家を訪ね、調査のために冷蔵庫の中を見せてもらったえみるは、そこであるものを見つけて……!?

 

映画監督を目指していた義経えみるは、安定を求めて公務員に就職。

しかし配属された生活課は、生活保護者を支援するという激務必至の課。

初日から、他の職員たちは慌ただしく仕事をしている様子だった。

 

えみるの指導係には、半田が付くことになり、担当する110世帯の生活保護受給者についての資料に目を通していくように言われる。

早速目ファイルに目を通すが、覚せい剤や虐待など生活保護受給者の抱える問題が想像以上であることに驚くえみる。

その中に、平川と言う男性の資料があり、妻がガンを患い他界したあと退職し、保護申請に至ったとの経緯が書かれていた。

 

翌日、平川からえみるに電話があり「これから死にます」と一言いったあと電話が切れてしまう。

先輩ケースワーカーは、平川は時々不安定になるから気にしなくていいという。

係長の京極は、親戚が近くに住んでいるので連絡をするようにえみるに指示を出した。

 

平川の親戚に電話をするも、「いつものこと。本当なら20回は死んでます」と笑いながらあっけらかんと答えられ電話は終了。

これでいいのか…と不安なえみるだったが、半田が受給者の訪問に行くため同行するように言われる。

 

訪れたのは祖母と小学生の孫の2人暮らしの受給者丸山宅。

孫の女の子の両親は離婚し、母親は男と蒸発したという。

部屋に入ると、洗い物がたまったままだったりと片付いていない。

足の悪い祖母は布団に寝ていた。

えみるは部屋の匂いが気になっていた。

半田は、祖母と目線を合わせて話を親身になって聞いてあげる。

 

帰りがけ、そとにいた孫に「何か困ったことはない?」と声をかけたえみるだったが「困ったこと言えば助けてくれるんですか?」と信頼していないといった表情で言われてしまう。

 

帰り道半田と話すえみる。

半田は、祖母が認知症ではないかと話し、えみるが気になった臭いについても、排せつの処理がうまくいってないのでしょうと言う。

 

職場にもどったえみるには再度平川から電話が入る。

「やっぱり死んだ方がいいですよね?」と言う平川にえみるは「何でも話してください!」と伝える。

その電話は数時間に及び、「これ以上迷惑をかけるのが苦しい。今までお世話になりました。」と平川が電話を切ってしまう。

気になったえみるは、一度役所に来てお話をしましょうと留守電を残す。

 

翌朝、平川が近くのビルから飛び降りなくなったと報告されたえみる。

えみるはかなりのショックを受けてしまう。

他の女性職員はそのことに触れ、生活保護費13万円が減ったし自分が抱える1ケースが減ってよかったじゃん。それくらいで考えないとやっていけないよと言われてしまい、から笑いしかできないえみる。

 

えみるは半田と平川の自宅を訪れる。

綺麗に整理整頓された部屋からは、きちんと生活していたことが見て取れ、亡くなった妻と幸せそうに笑う写真もあった。

机には、求人情報誌に赤丸をつけたものもあり、就職活動もしていたようだった。

先輩から言われた1ケース減ってよかったという言葉を思い出し、それを言ったらダメだ、何か大切なものを失う気がする…と心にとめるえみる。

 

平川宅からの帰り道、半田に「国民の税金だろうと、平川さん生きようとしていましたよね!?」と涙をうかべて話すえみる。

半田は、ケースワーカーは命を守る仕事だが、守り切れない時もあると話すのだった。

 

職場に戻ったえみるはまだショックから立ち直れない様子。

その場にいた同期の栗林に「私、平川さんの電話が面倒くさかった。ケースワーカーになる資格ない」と話す。

栗林は、何も答えずに「自転車に油刺しておいたからもう変な音しないと思う」と答えるだけ。

えみるはその優しさに一人泣く。

 

それから2ヶ月が経った。

えみるはその日、受給者の阿久沢と面談をし、就職活動の進行状況を聞いていた。

なかなか年齢で引っ掛かり難しいと話す阿久沢は、咳が止まらない様子。

えみるが体調を聞くも異常はないと言うが、一日一食だと話す。

 

先輩や係長から、阿久沢の一日一食の背景にギャンブルや酒などへの使い込みがないか家庭訪問をして徹底調査をするようにと言われたえみるは、阿久沢の自宅を訪れる。

阿久沢の部屋で催告書を見つけたえみるが、そのことについて聞くと、借金があり毎月5万円ずつ返済し、3万円で生活をしていることがわかった。

借金があると保護が受けられないと思っていた阿久沢は役所にそのことを隠していたという。

 

えみるは電話で半田に相談し、法テラスで債務整理をすることをすすめる。

しかし、阿久沢は借金が整理できるかもしれないにも関わらず、法テラスへ行くことを渋るのだった。

 

阿久沢は映画館の前で誰かを探すようなそぶりで立っている。

ある日、「いつも立ってるでしょ?通報があったんですよ」と警察から職務質問をされ、警察署に連れていかれてしまうということが起きた。

警察署を訪れたえみるは、映画好きの阿久沢に「映画が見たかったけどお金がなくて見れなかった?」と聞く。

阿久沢は、ちょっと似た人がいて…とつぶやき、もう勘弁してとえみると話をしようとしない。

えみるはメモに日時を書き、この日に役所に来てくださいと法テラスについて話をしましょうと渡す。

 

えみるが渡したメモの日時に結局阿久沢は来ず、えみるが電話してみると、役所まで来たが引き返したという。

慌てて公園にいた阿久沢のもとへ駆けつけたえみるは、「私たちは阿久沢さんを助けたいから法テラスをすすめるんです!逃げないでください!」と真正面から強く話す。

しかし阿久沢はいい加減にして、これ以上しつこくしないでと頑なに拒否をする。

 

半田がやってきて、缶コーヒーを片手にベンチで阿久沢と話すことに。

阿久沢は、父親がやっていた印刷会社を引き継いだが時代もあり、設備投資に借金がかさみ倒産したこと。

これ以上迷惑をかけたくないと自分から離婚を切り出し娘とも15年会っていないことを話した。

そして、この15年、借金を返すことだけが意義のように感じていていたと話したのだった。

 

相手を思うがゆえでも、阿久沢の事情を踏まえずに法テラスのことばかり進めていた自分を反省するえみるに、それも必要なことで、今が阿久沢にとって人生の分岐点であることは確かだと半田。

 

えみるは再度阿久沢の資料に目を通した。

そこには音信不通の娘がいるとかかれおり、えみるは、阿久沢が映画館の前で立っていた理由を似ている人が…と話していた理由が娘ではないかと考えた。

えみるが映画館を訪れると、やはりそこには阿久沢の姿が。

驚く阿久沢に、娘さんをみかけたのではないですか?と聞くと、ちょっと面影があって…と歯切れが悪く答える。

過去は捨てたと話していた阿久沢に、「娘さんを探しているということは過去を捨てられないってことではないですか?やり直したいってことでは?たった一度の人生です。だからお願いです、もう一度ちゃんと考えてやりなおしましょう!」と真剣な眼差しを向けるえみる。

 

後日、えみると阿久沢は法テラスへ。

そこで調査してもらった結果、過払い金が発生していた。

帰り道、「本当にもう借金返さなくていいんですかね?15年間ずっとそのことばかり考えていて…本当にありがとうございました!先のことも見て行けそうです!」と涙を流しながらえみるに感謝する阿久沢。

えみるも阿久沢に感謝するのだった。

 

過払い金の150万円が戻ることになり、阿久沢への保護が廃止になると職場で報告するえみるに拍手が起こるが、先輩らは、また保護に戻る人も多いと話す。

 

『健康で文化的な最低限度の生活』の第2話のあらすじ

 

義経えみる(吉岡里帆)は、安定を求めて公務員になった新人ケースワーカー。勤務初日から、生活保護を受給する110世帯の担当を任され、不安と戸惑いを抱えながらも受給者と向き合う日々がスタートする。配属早々に、担当している受給者が自殺してしまうというショックな出来事に遭遇したえみるだったが、指導係の半田明伸(井浦新)のサポートもあり、時が止まったようにただ借金を返済し続けていた受給者・阿久沢正男(遠藤憲一)の人生の再出発を手助けすることに成功。「この仕事、続けていけるかも…」という思いを胸に、別の受給者である母子家庭の日下部家へ向かう。すると、仕事と子育てのほか、父親の介護もしているシングルマザーの聡美(江口のりこ)から思わぬ褒め言葉をかけられ、すっかり上機嫌に。ギターに熱中している高校生の息子・欣也(吉村界人)には、音楽の夢を応援すると伝える。

しかし、日下部家には、えみるの知らない事情がまだまだ隠されていた。
聡美が娘・リナ(瑞城さくら)のSNSを見ていると、そこには、リナのお小遣いだけでは行けないようなおしゃれなスイーツ店や、はやりのカフェの写真がズラリ。不審に思った聡美は欣也に相談するが、その反応はどこか冷たい。その晩、欣也は母の目を盗んでリナにお金を渡していて……!?

また、区役所では、栗橋千奈(川栄李奈)らえみる以外の新人ケースワーカーも、窓口を訪れる受給者たちに悪戦苦闘していた。そんななか、課税調査の結果が判明し、えみるたちは上司の京極大輝(田中圭)から、生活保護を受給しながら収入申告を怠る、いわゆる不正受給について説明を受ける。そして、不正を指摘された世帯のリストを受け取ったえみるは、そこに書かれた“日下部欣也”という名前に、思わず自分の目を疑って……!?

 

『健康で文化的な最低限度の生活』の第2話のテーマは不正受給のようです。

生活保護について語られる場面では、絶対に話題になる不正受給の問題。

今回その不正受給としていると判断されたのは、えみるの担当の世帯のようです。

えみるは利用者の気持ちに立ちすぎる優しさがあるようなので、どうこの局面を乗り越えるのかに注目ですね!

 

 

『健康で文化的な最低限度の生活』の見逃し動画を無料で視聴する方法!

 

『健康で文化的な最低限度の生活』ですが、見逃した放送はありませんか?

うっかりと見逃した!

そんな人たちにおすすめの情報をご紹介します。

知っておいて損はないお得なサービス『FODプレミアム』です。

 

『健康で文化的な最低限度の生活』は、FODプレミアムで全話配信中!

 

FODプレミアムは、フジテレビが展開するオンデマンドサービス。

『健康で文化的な最低限度の生活』をはじめとするフジテレビの最新ドラマや、過去の名作、バラエティなどの作品をいつでもどこでも楽しむことができちゃいます。

しかもFODプレミアムは通常月額888円ですが、今なら無料お試しキャンペーンを実施中!

1ヶ月完全に無料でサービスを試すことできます。

登録方法も簡単で、

  1. Amazonアカウントでログインする
  2. Amazon Pay(クレジットカード決済)を利用する
  3. FODプレミアムに登録する

とたったの3ステップ。

以下で具体的に図解して説明します!

 

1. AmazonアカウントでFODにログインするか、アカウントが無い人は新規登録をしましょう。

 

2. 『次のページへ進む』をクリック!

 

(場合によってはここでもう一度ログイン画面が出る可能性があります。さきほどと同じようにログインしましょう。)

 

3. 支払いに利用するカードを選択か新規追加、チェックボックスにチェックをして『購入確定』を押せば登録完了です!

 

Amazonアカウントは誰でも無料で作成することができますし、決済方法としてクレジットカードを登録しますが、無料期間中に解約すれば料金がかかることは一切ありませんので安心ですね。

だからたとえば見逃してしまった『健康で文化的な最低限度の生活』を視聴したらすぐに解約してしまえば、完全に無料というわけ。

 

ここでひとつ注意していただきたい点があります。

現在、『健康で文化的な最低限度の生活』は見放題作品ではないため、各話ごとにポイントの購入をして見るか、全話まとめてポイントの購入をして見るかいずれかが必要となります。

 

しかしFODプレミアム会員には毎月8のつく日である、8日・18日・28日に400ポイントのボーナスが付くんです!

さらに会員継続をすれば、毎月100ポイントが必ずあわせて付与されるんです。

ということは、1か月に1300ポイントが必ず貰えることになります!

もちろん、1ヶ月間無料お試し中にもこのポイントはゲット可能です。

『健康で文化的な最低限度の生活』は1話につき300ポイントで視聴可能ですから、見逃した回や見直したい回を視聴するには十分なポイントではないでしょうか♪

 

だから見逃してしまった『健康で文化的な最低限度の生活』を視聴したらすぐに解約してしまえば、完全に無料で楽しめてしまうわけなんです!

もちろんFODプレミアムには『健康で文化的な最低限度の生活』以外にも面白い作品がたくさんありますし、原作の韓国ドラマ『シグナル』も見ることができます♪

気に入ったら継続するのもありですよ。

とにかく、『健康で文化的な最低限度の生活』を完全無料かつ合法に楽しめるのはFODプレミアムだけなので、つい見逃してしまったという人は今すぐFODプレミアムに登録しちゃいましょう!

 

 

>>今すぐFODプレミアムを1ヶ月間無料で体験する!

 

まとめ

 

「生活保護を取り巻く描写にリアリティがある」と原作漫画から評価の高い『健康で文化的な最低限度の生活』。

ドラマでもそのリアリティが見どころの一つですね!

見逃した放送回があれば、ぜひFODプレミアムを利用してお得にチェックしてくださいね♬

 

>>FODを1ヶ月間無料で試す!