シグナル長期未解決事件捜査班4話の見逃し無料配信動画はこの方法で視聴!

シグナル長期未解決事件捜査班の動画見逃し配信

 

火曜午後9時に絶賛放送中のフジテレビ系ドラマ『シグナル長期未解決事件捜査班』。

過去と未来の時間軸が絶妙に交差し織りなされる物語にハマってしまう人続出のようです!

 

坂口健太郎さんが今に生きる刑事三枝、北村一輝さんが過去に生きる刑事大山としてひとつの無線機を通じて交信。

今現在未解決となっている事件がまさに起きていたその過去にいる大山に、三枝はそれ以上の被害者を生み出さないよう指示を出します。

過去を変えてしまうことで未来も変わってしまうという現実。

今後の展開がますます気になるドラマです!

 

今回は『シグナル長期未解決事件捜査班』第3話の振り返りと、第4話のあらすじをご紹介します。

このドラマの見逃し動画を探しているという人には、無料視聴できる方法と簡単な手順もお伝えしますよ♪

ぜひ最後までチェックしてくださいね♬

 

>>FODプレミアムを1ヶ月間無料でお試し!

 

『シグナル長期未解決事件捜査班』第3話の振り返り(ネタバレ)

 

2018年、アメリカでの研修を終え、プロファイラーとして警視庁に戻ってきた三枝健人(坂口健太郎)は、桜井美咲(吉瀬美智子)率いる長期未解決事件捜査班に配属され、1997年に女性7人が被害にあった連続殺人事件を再捜査することに。

するとその直後、かつて事件解決の糸口となった謎の無線が再びつながり、健人は大山剛志(北村一輝)刑事と8年ぶりに言葉を交わす。
しかし、大山はまるで初めて健人と話すかのような口ぶり。その話の内容から、健人は無線が1997年とつながっているのではないかと考える。

健人の予想通り、無線機越しの大山は1997年、女性連続殺人事件の捜査の渦中にいた。
最初こそ、健人の言葉が信じられない大山だったが、無線で聞いた通りの場所で襲われている女性を助け、犯人を逮捕したことから、事件が起きることを予知していた健人の存在が気になり始める。

一方、大山が犯行を未然に防いだことで、2018年にもある変化が起きていた。
殺されるはずだった5人目の被害者に関する捜査資料の文字が、“遺体発見”から“未遂”に変わり、残り2人が殺害された日時や犯行現場もなぜか変わってしまったのだ。

しかも、そのことに気づいているのは健人だけ。「過去が変わった?」真実を確かめるため、健人は再びつながった無線で、大山のいる世界でこれから起きる出来事を伝える。
しかしそれは、大山が警察の信用に関わる重大なミスを犯したことを意味していた。

刑事としての自信を失いかけた大山を救ったのは、行きつけのラーメン店で働く北野みどり(佐久間由衣)だった。
自分を更生させてくれた大山に恩義を感じているみどりは、元気のない大山を励まし、大山もまた、そんなみどりの笑顔に救われるが…。

 

女性連続殺人事件が起きた1997年の大山に、これから出る被害者の場所を伝えた三枝。

そのことにより女性は助かり、大山はその場から逃走しようとした犯人を走って追いかけます。

途中見失うものの無事確保、警察署に連行し無事事件解決のお手柄…と思われましたが、再びつながる無線で「その男は犯人ではない。取り調べ中に発作を起こして死ぬ。そして同時刻にもう一人被害者が出る。」と三枝は伝えます。

状況がうまく呑み込めない大山でしたが、その通り誤認逮捕された男性は死亡し、その時間にもう一人被害女性が出ます。

警察の信用を揺るがす誤認逮捕を起こしたことで、大山の上司が降格処分を受けることになってしまいます。

 

自らの処分が決まるまでは動くなと言われていた大山でしたが独自に捜査を開始し、犯人の男を一瞬見失い誤って男性を捉えたところで路線バスが走っていたことを思い出します。

バス会社を訪ね、あの日その時間にバスを運転していたと思われる男性に話を聞きますが、「誰もあの場所からは乗ってこなかった」との返事で有力な情報は得られぬままでした。

しかしその時、大山とその運転手が話す姿を落ち着かない様子で見ているひとりの女性がいました。

 

そのころ、2018年でも三枝が被害者女性は皆同じ路線のバスに乗車していたのではないか、そうであれば事件現場がバラバラなのも説明がつくとの推測にたどり着きます。

それを聞いた刑事仲間は「妙だな。当時もそんなことを言っていた刑事がいたらしい。」と話します。

バス会社を訪ねる三枝と桜井ですが、その当時の運転手はすでに退職し今現在どこにいるかはわからないとの話でした。

親しくしていたという職場の女性はまだ在籍でしたが、三枝らが訪れると知った直後に早退したとのこと。

急いで女性の自宅を訪ねると、窓から荒らされた部屋が見えドアの鍵は開いていました。

中に入ってい見ると、女性が倒れています。

その姿は、1997年の連続殺人事件と同じ方法だったのです。

 

この事件を受けて、上層部から「長期未解決事件捜査班は捜査から降りろ」との命令が。

再捜査を始めたことで犯人が動き出し新たな被害者が出たとマスコミに知れるのを防ぐ目的でした。

 

犯人が再び動き出したことが分かり、三枝は1997年にいる大山にかけようと考えます。

いつも無線が繋がる23:23に、「そこが1997年なら事件を止めてみろ。時間がないんだ!」と必至で語り掛けます。

そのころ大山は無線の声は聞こえるものの、謹慎中に勝手な動きをしたと同僚たちに手錠で署内に繋がれており動けない状態でした。

「次の被害者は北野みどり」という無線からの声を聞き愕然とする大山。

殺害事件は刻々と迫る中、渾身の力で手錠を外し信じられない思いながらも三枝の言っていた殺害現場に急ぐ大山。

その時女性の悲鳴が聞こえますー。

 

『シグナル長期未解決事件捜査班』第4話のあらすじ

 

帰宅途中の女性ばかりが被害にあった1997年の連続殺人事件の再捜査を始めた長期未解決事件捜査班。

プロファイラーの三枝健人(坂口健太郎)は、8年前に偶然手にした“過去とつながる無線機”が、今度は1997年とつながっていることに気づき、無線の先の刑事・大山剛志(北村一輝)に未来の情報を伝え、殺人を未然に防ごうと考える。

一方で、被害者たちが同じ路線のバスを利用していたことが分かり、車内に犯人がいたのではないかとにらむ健人。そこで当時、被害者たちが乗っていたバスを運転していた田中修一(モロ師岡)を探すが、唯一田中の手がかりを知っていた元同僚の八代英子(真瀬樹里)が何者かに殺されてしまう。

さらに、その犯行の特徴は過去の事件と酷似。犯人が犯行を再開したと考えた健人は、次なる被害者を出さないため、再び無線に呼びかける。

1997年、無線で健人の話を聞いた大山は、次の被害者が顔なじみの北野みどり(佐久間由衣)だと知り、激しく動揺する。「事態を変えられるのはあなただけだ」――健人のその言葉に、必死でみどりを探し回る大山。2018年の健人もまた、事態が好転するのをじっと待つが…。

長期未解決事件捜査班は、英子が過去の連続殺人について何かを知っていて、口封じのために殺されたと推測。防犯カメラの映像と指紋から、英子殺しの犯人が田中だと突き止め、刑事の桜井美咲(吉瀬美智子)が身柄確保に向かう。

その頃、再びバス会社を訪れた健人は、過去の事件の犯人像と一致しないことに疑問を抱きつつ、事件当時の田中の運行記録を調べていた。すると犯行時刻に勤務中だった田中にはアリバイがあるものの、もう一つの重要な事実があった。ついに事件の全容をつかんだ健人だったが、同時にそれは、美咲の身に危険が迫っていることを意味していて…。

 

前回、事件当時のバスの運転手の所在を探すため、親しくしていた元同僚女性の八代の自宅を訪れ彼女が殺害されているのを発見した三枝。

事件の捜査から降りろとの上層部の命令もあり、1997年の大山に無線で事件を止めてほしいと望みをかけます。

現場に急ぐ大山は、次の被害者である顔なじみのみどりを救うことはできるのでしょうか。

 

そんななか、八代を殺したのは老司の運転手田中だと突き止め桜井が身柄確保に向かうようです。

しかし、事件当時の運行記録を調べた三枝により田中にはアリバイがありまた新たな事実が分かるとのこと。

事件の全容から今まさに身柄確保に向かった桜井に危険が迫るという展開。

 

大山はみどりを助け、未来を変えることができるのか。

何かを隠してる様子は見てとれた田中にはどんな事実があるのか。

第4話からも目が離せそうにありません!

 

 

『シグナル長期未解決事件捜査班』の見逃し動画はFODで無料視聴しよう!

 

いよいよ無線での交信により過去が変わり、未来も変わってきました。

2018年現在大山は失踪したままですから、彼が行方不明になった原因がどこにあるのか、その部分が明るみになるであろう今後にも注目です。

 

そんなドラマ『シグナル長期未解決事件捜査班』ですが、1週でも見逃してしまうと過去と未来の話が入り乱れる物語についていけなくなってしまう可能性が…。

そこでご紹介したいのが、知っておいて損はないお得なサービス『FODプレミアム』です。

 

『シグナル 長期未解決事件捜査班』は、FODプレミアムで全話配信予定!

 

FODプレミアムは、フジテレビが展開するオンデマンドサービス。

『シグナル 長期未解決事件捜査班』をはじめとするフジテレビの最新ドラマや、過去の名作、バラエティなどの作品をいつでもどこでも楽しむことができちゃいます。

しかもFODプレミアムは通常月額888円ですが、今なら無料お試しキャンペーンを実施中!

31日間完全に無料でサービスを試すことできます。

 

登録方法も簡単で、

  • Yahoo!JAPANIDでログインする
  • Yahoo!ウォレットでクレジットカード決済を利用する
  • FODプレミアムに登録する

とたったの3ステップ。

Yahoo!JAPANIDは誰でも無料で作成することができますし、決済方法としてクレジットカードを登録しますが、無料期間中に解約すれば料金がかかることは一切ありませんので安心ですね。

 

ここでひとつ注意していただきたい点があります。

現在、『シグナル 長期未解決事件捜査班』は見放題作品ではないため、各話ごとにポイントの購入をして見るか、全話まとめてポイントの購入をして見るかいずれかが必要となります。

 

しかしFODプレミアム会員には毎月8のつく日である、8日・18日・28日に400ポイントのボーナスが付くんです!

さらに会員継続をすれば、毎月100ポイントが必ずあわせて付与されるんです。

ということは、1か月に1300ポイントが必ず貰えることになります!

もちろん、31日間無料お試し中にもこのポイントはゲット可能です。

『シグナル 長期未解決事件捜査班』は1話につき300ポイントで視聴可能ですから、見逃した回や見直したい回を視聴するには十分なポイントではないでしょうか♪

 

だから見逃してしまった『シグナル 長期未解決事件捜査班』を視聴したらすぐに解約してしまえば、完全に無料で楽しめてしまうわけなんです!

もちろんFODプレミアムには『シグナル 長期未解決事件捜査班』以外にも面白い作品がたくさんありますし、原作の韓国ドラマ『シグナル』も見ることができます♪

気に入ったら継続するのもありですよ。

とにかく、『シグナル 長期未解決事件捜査班』を完全無料かつ合法に楽しめるのはFODプレミアムだけなので、つい見逃してしまったという人は今すぐFODプレミアムに登録しちゃいましょう!

 

なお、この31日間無料お試しキャンペーンは2018年6月30日23時59分をもって終了します。

終了日時までに「Yahoo!ウォレット」にクレジットカード情報を登録し、FODプレミアムへの登録が必要です!。

登録の途中で終了日時を過ぎてしまった場合は、キャンペーンが適用されませんのでご注意ください。

 

>>今すぐFODプレミアムを1ヶ月間無料で体験する!

 

まとめ

 

過去と未来の時間軸が絶妙に交錯するストーリーにくぎ付けになる人多数の『シグナル長期未解決事件捜査班』。

ちょっぴり複雑な時間軸を理解しながらこのドラマをより楽しむため、見逃しやこれまでのお話の復習にFODプレミアムをぜひご活用くださいね♪

 

>>FODプレミアム公式サイトへ