コンフィデンスマンJP3話を見逃した?無料動画の配信視聴はこの方法♪

コンフィデンスマンJP月9見逃し配信

 

テンポが良く、コメディ要素がいっぱいのストーリーで大いに笑えるドラマ『コンフィデンスマンJP』!

皆さん楽しんでいらっしゃいますか?

毎回巧妙なトリックで、手の内が分かっているつもりで見ていると、最後には「やられた!」とこちらも騙されてしまうのがこのドラマ。

痛快な騙し合いでついつい引き込まれてしまいますよね♪

長澤まさみさん、東出昌大さん、小日向文世さんが扮する個性あるキャラクターにも毎回注目です!

 

今回は、『コンフィデンスマンJP』第2話の振り返りと第3話のあらすじをご紹介します。

このドラマの見逃し動画の無料視聴方法も詳しくお伝えしますよ!

ぜひ最後までチェックしてくださいね♬

 

>>FODプレミアムを31日無料でお試し!

 

『コンフィデンスマンJP』第2話の振り返り(ネタバレ)

 

信用詐欺師のダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)の3人は、ロシアンマフィアを騙そうとして失敗。彼らに追われた3人は、命からがら何とか逃げ切る。この一件で危険な目に遭ったボクちゃんは、ダー子たちとは縁を切ると宣言。真っ当な人間になるために職探しを始めたボクちゃんは、やがてひなびた温泉町にある老舗旅館『すずや』にたどり着き、住み込みで働く機会を得る。

ところがそのすずやは、2年前、隣町に桜田しず子社長(吉瀬美智子)が率いる大手ホテルチェーン・桜田リゾートが出来てから経営不振が続いていた。 追い詰められたすずやの女将・操(本仮屋ユイカ)は、旅館を桜田リゾートに売却することを決意する。

桜田しず子は、短大卒業後、『桜田ホテル』の跡取りと結婚して若女将となった。潰れかけていたホテルを再生させた彼女は、ホテルをチェーン展開し、それ以降、経営難の旅館やリゾート施設を買い取っては見事に蘇らせ、業界の救世主とも呼ばれていた。だがその裏では、収賄や談合、地上げと手段を選ばないやり口で、日本の観光を牛耳ろうとしていた。

すずやも5年ほど前に桜田リゾートから買い取り話を持ち掛けられていたが、それを断った途端、口コミサイトには悪意ある書き込みが溢れたという。すずやが経営難に陥ったのもそれがきっかけだった。
しかもしず子たちは、すずやの資産価値を0円と査定し、約束していた従業員の再雇用も反故にしようとしていた。そのやり方に怒ったボクちゃんは、すずやを救うためにダー子たちに協力を依頼し、しず子から金をせしめようと決意する。

そのころしず子は、カジノを中心にした国の統合型リゾート開発を狙い、政界に食い込もうと躍起になっていた。それを知ったダー子は、猛勉強の末桜田リゾートのインターンになり、しず子に接触するが……。

 

ボクちゃんが働いていた老舗旅館すずや。

桜田リゾートに売却を決意した女将の操に「いくらあれば立て直せるんですか?」と、お金を持ってくると約束するボクちゃん。

操への恋心もあり、真っ当な仕事をするはずだったボクちゃんはまたダー子とリチャードの下へ帰ってくることになりました。

 

桜田しず子は国の統合型リゾート開発を狙い、担当の政治家に金を渡して根回し万全。

しかしそんな矢先、その政治家が女性スキャンダルで辞任!

新しく担当の議員になった男はクリーンで有名、しかもしず子とは関係が悪くまったくパイプがない状況でした。

「リゾート開発の場所さえわかれば…」としず子は裏社会にも手を出し、ある男を使って逐一情報を仕入れることに。

 

そんな中インターンとしてしず子に近づいたダー子。

リゾート開発の担当議員の側近になりすましたリチャードが伯父であり、ダー子は彼の弱みを握っている設定です。

「バラされたくなければリゾート開発の場所を教えなさい」と詰め寄るしず子に、焦ったふりのリチャードが「真鶴だ」と開発地をリークします。

 

開発地が真鶴だと知ったしず子は、その近海にある離島に目を付けます。

その島にはボクちゃんが潜入済みで、夏以外のオフシーズンには予約が入ったときのみ民宿を経営する若い男がいました。

彼はこの民宿を守る代わりにこの島を祖父から譲ってもらったとのこと。

後日しず子が島にダー子を伴って上陸、島の持ち主の孫に扮したボクちゃんとこの島を3億で買い取るとの話を進めます。

しかし、あまり気乗りしない様子を出すボクちゃん。

国内大手のホテルリゾートからも島買取の話が来ているということをしず子に匂わせます。

 

「リゾート開発の権限を手に入れられるなら安いもんよ」と5億出す決意をするしず子。

早速契約をしようと島に上陸、孫に扮したボクちゃんに5億出すと話すしず子。

そこで契約をすれば5億は晴れてダー子・リチャード・ボクちゃんのものになるのですが、なぜか躊躇するボクちゃん。

しず子が小さな旅館を経営していた夫婦の子供で、今自分がしていることのように大手の会社にその旅館を買い上げられた過去を持ち、泣きながらその旅館を取り戻すと叫んでいた幼き頃。

そんな過去を知ったボクちゃんの人情味が出てしまい「それでいいんですか?」と諭すのでした。

 

その瞬間、しず子の手下として働いていた裏社会の男が本当の孫を連れて民宿に登場!

ダー子ら3人の計画がばれてしまいます。

インターン役でしず子に伴ってきていたダー子は、知らないふりをしてしず子とともに帰ることに。

裏切られたと焦るボクちゃんに裏社会の男は銃口を突き付けて…

 

そして数日後、しず子が出社すると社員が呆然としています。

リゾート開発の候補地が沖縄になったとの記者会見のニュースが流れていました!

どういうことかと焦るしず子はまた島へ上陸、民宿を訪ねますがそこには島の持ち主だという見ず知らずの男がいたのです。

 

なんと今回の騙し合いは、ボクちゃんを旅館で働かせようと仕向けたところからダー子の作戦でした!

旅館で働くボクちゃんが女将と旅館の状況を知り、きっと帰ってくると踏んでいたのです。

思惑通りに帰ってきたボクちゃんをさらにハメる作戦が、島の持ち主の孫。

ボクちゃんは本物の孫に扮していたつもりでしたが、その孫もダー子の仕込み。

極めつけにはしず子に情報提供していた裏社会の男までが仕込みでした。

ボクちゃんの優しさが出て作戦が失敗するところまで予想していたダー子がボクちゃんごと騙した今回の作戦でした!

 

やっぱりこの世界から抜け出す!と決意を新たにしたボクちゃんは、とりあえず1億5千万を持って女将操のもとへと行きますが…。

女将は料理長と新しい人生を決意しているところ。

その場面を目撃したボクちゃんの淡い恋心は砕け散りました。

有志としてお金を置いて去ったボクちゃん。

そのお金を使って日本料理屋をオープン、海外旅行も楽しんでいるとの後の情報を聞いたボクちゃんの落胆っぷりがオチでした。

 

一方、しず子は社員たちの反対を押し切り責任を取って退社。

海沿いに夫とともに小さなペンションを始めました。

「ここからよ!」と決意を新たにするしず子には、清々しさを覚えるエンディングでした!

 

『コンフィデンスマンJP』第3話のあらすじ

 

ボクちゃん(東出昌大)は、カフェでアルバイトをしていた画家志望の美大生・須藤ユキ(馬場ふみか)と知り合う。だが、ユキが高名な美術評論家・城ケ崎善三(石黒賢)にもてあそばれ、自殺未遂にまで追い詰められたことを知ったボクちゃんは、城ケ崎から金を奪おうと決意。ダー子(長澤まさみ)には内緒でリチャード(小日向文世)に協力を依頼した。するとリチャードは、大物相手だからダー子を加えた方が良いと判断して、勝手に彼女にも話してしまう。

城ケ崎は、貧しい家庭に生まれ育った。画家だった父は、才能に恵まれなかったものの気位だけは高かったため、母と共に苦労してきたという。美術評論家になったのも父のような画家に引導を渡すためだった。独学で古今東西のあらゆる芸術作品を学んだ城ケ崎は、バブル崩壊後に行方不明になっていたいくつかの名画を発掘して名をはせ、今では美術品を鑑定する冠番組まで持っていた。しかしその本性は、女癖が悪い上に、持ち込まれた美術品の真贋を偽って安く買い上げ、裏社会の顧客に脱税資産やマネーロンダリングの手段として密かに売却して大儲けしている、欲と金にまみれた男だった。

ダー子は、中国人バイヤー“王秀馥”として城ケ崎のオークションハウスに潜入し、金に糸目をつけずに大量の作品を買い上げることで彼の信頼を得る。さらにダー子は、城ケ崎を騙すためのタネとして、旧知の贋作画家で、あらゆる時代の有名画家のタッチを知り尽くしているという伴友則(でんでん)に、ピカソの“まだ世に知られていない作品”の制作を依頼するが……。

 

『コンフィデンスマンJP』第3話のターゲットは美術商の男!

冠番組まで持つ名の知れた美術商の裏の顔は、裏社会で大儲けする金と欲の塊のような男とのこと。

今回この美術商の男役にキャスティングされたのが、石黒賢さんです。

第3話のゲストキャストも豪華ですよね!

 

今回はターゲット自信が詐欺行為を行うプロ。

信用詐欺師の3人組は簡単なトリックでは見破られると踏み、より手の込んだ騙し合いを見せる模様です。

どんなトリックで、どんなキャラクターになりすましてこの男から大金を巻き上げるのか今回も期待大ですね♪

 

 

『コンフィデンスマンJP』の見逃し動画はFODで無料視聴しよう!

 

ダー子ら3人のターゲットに対するトリックが分かっているものと思いながら見ていると、最後には「え?!そうだったの!」とまんまと騙されてしまうこのドラマ!

どんなトリックが出てくるのか今後も絶対に見逃せませんね。

 

そんな新ドラマ『コンフィデンスマンJP』を楽しんでいる皆さんの中には「今回はうっかり見逃してしまった!」という人や、「もう一回初回放送から見直したい!」という人も少なくないはず。

そんな人にぜひおすすめの情報がこちら!

知っておいて損はないお得なサービス『FODプレミアム』です。

 

『コンフィデンスマンJP』は、FODプレミアムで全話配信予定!

こちらであれば、見たい放送回を見たい時に好きなだけみることができます♪

 

FODプレミアムは、フジテレビが展開するオンデマンドサービス。

『コンフィデンスマンJP』をはじめとするフジテレビの最新ドラマや、過去の名作、バラエティなどの作品をいつでもどこでも楽しむことができちゃいます。

しかもFODプレミアムは通常月額888円ですが、今なら無料お試しキャンペーンを実施中!

31日間完全に無料でサービスを試すことできます。

 

登録方法も簡単で、

  1. Yahoo!JAPANIDでログインする
  2. Yahoo!ウォレットでクレジットカード決済を利用する
  3. FODプレミアムに登録する

とたったの3ステップ。

Yahoo!JAPANIDは誰でも無料で作成することができますし、決済方法としてクレジットカードを登録しますが、無料期間中に解約すれば料金がかかることは一切ありませんので安心ですね。

だからたとえば見逃してしまった『コンフィデンスマンJP』を視聴したらすぐに解約してしまえば、完全に無料というわけ。

 

もちろんFODプレミアムには『コンフィデンスマンJP』以外にも面白い作品がたくさんありますし、気に入ったら継続するのもありですよ。

とにかく、『コンフィデンスマンJP』を完全無料かつ合法に楽しめるのはFODプレミアムだけなので、つい見逃してしまったという人は今すぐFODプレミアムに登録しちゃいましょう!

>>今すぐFODプレミアムを31日間無料で体験する!

まとめ

 

毎回豪華なゲストキャストを迎え、気持ちがいいほど騙されてしまう『コンフィデンスマンJP』。

見逃してしまっても安心のFODの31日間無料トライアルを上手に利用して、最後までこのドラマを楽しんでくださいね♬

 

>>FODプレミアム公式サイトへ