シグナル長期未解決事件捜査班2話の見逃し無料動画はここで配信♪

シグナル長期未解決事件捜査班の動画見逃し配信

 

俳優坂口健太郎さんの連続ドラマ初単独主演でも話題の『シグナル 長期未解決事件捜査班』。

初回の放送はみなさんご覧になりましたでしょうか?

原作が韓国での大ヒットミステリーサスペンスドラマ『シグナル』ということで、日本版の本作も第1話からグイグイ引き込まれてしまうような内容でした!

 

シリアスなストーリー展開と、ドラマ全体の映像が美しく、まるで映画を見ているようだとの感想も聞かれます。

今回は新ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』の第1話の振り返りと、第2話のあらすじをご紹介します。

また、このドラマを見逃してしまった人やもう一度見直したい!という人には、動画を無料で見られる方法も詳しくお伝えしますよ!

ぜひ最後までチェックしてくださいね♬

 

>>FODプレミアムを31日間無料でお試し!

 

『シグナル 長期未解決事件捜査班』第1話の振り返り(ネタバレ)

 

15年前、1人の女子児童が下校途中に誘拐された。当時、小学1年生だった三枝健人(坂口健太郎)は被害者の女の子が連れ去られる様子を目撃。ある男を指名手配し行方を追う警察に、犯人は女だと訴えるものの相手にしてもらえない。
数日後、女子児童が遺体で発見され、管理官の中本慎之助(渡部篤郎)のもと、刑事の大山剛志(北村一輝)や岩田一夫(甲本雅裕)らは懸命に捜査を続けるが、犯人の手掛かりは得られず、結局、事件は未解決のまま15年の月日が経っていた――。
女児誘拐殺人事件の時効が近づくなか、健人は独学でプロファイリングを学び、ある思いを胸に警察官になっていた。しかし、過去の事件から決して警察を信用することはせず、そのせいで、先輩刑事の桜井美咲(吉瀬美智子)や山田勉(木村祐一)から目をつけられてしまう。
そんなある日の夜、健人は廃棄処分されるはずの無線機から、誰かが自分を呼んでいることに気づく。声の主は大山という刑事で、大山は巡査の健人をなぜか“警部補”と呼んでいた。さらに、健人の情報を元に訪れた病院で、女児誘拐事件で指名手配された男の首つり遺体を発見したという。情報提供どころか大山とは面識もない健人。
にわかには信じがたい話だったが「彼は利用されて殺された。誘拐の真犯人は別にいます」という大山の言葉が気になった健人は、ためらいながらも無線越しに聞いた病院へと向かう。すると、そこに大山の姿はなかったものの、聞いたとおりの場所で白骨遺体を発見して……。

 

第1話では、三枝が警察にいながら警察を信用していないその理由の一端が垣間見れる内容でしたね。

 

時効目前の少女誘拐事件。

犯人は男として指名手配までされているものの、一向に解決していませんでした。

三枝はその少女と同じ小学校に通っており、誘拐当日女に連れられて行くところを見ていました。

警察でその事実を伝えようとするも、子供であったためにことごとく聞いてもらえず、警察署に設置されていたご意見カードに「犯人は女の人」だと書いた三枝少年。

そのカードに気づき、また犯人を男と決めつけて捜査する上層部にただひとり異を唱えていたのが、事件発生当時刑事だった大山だったのです。

 

プロファイリングの天才となった三枝は、ある日廃棄予定のごみ袋の中から何かを話しかけるトランシーバーにトランシーバーを見つけます。

トランシーバーからは「三枝警部補!」と呼びかける大山の声。

大山はその警部補からの指示で廃病院へ向かい、そこで死体を発見したようです。

その音声を聞いた三枝は「あなた誰ですか?」と問いかけるも、大山は「何言っているんですか?警部補がここへ行けといったんじゃないですか」と返答。

混乱する中通信が途絶え、三枝がトランシーバーの電池を見ると、なんと入っているはずの乾電池すら入っていないのでした。

 

三枝は不審に思いながらも廃病院へ行き、大山の言う通りの場所で人骨を発見。

時効目前で急展開を見せたこの事件にマスコミは騒ぎ、当時大山の意見を理解しながらも上層部に従っていた岩田も、もう一度この事件の真犯人の存在を意識し始めるのでした。

人骨は指名手配されていた誘拐事件の犯人の男のものと判明し、手の親指が鋭利な刃物で切り取られていました。

事件発生当時に押収されたものに残っていた男の指紋は親指だけ。

その点が不自然であり、男は利用されただけで真犯人は別にいると大山が疑っていたのが、今回の発見でより濃厚なものに。

 

プロファイリングの天才となった三枝は、事件当時の目撃状況から犯人の背格好や職業を分析、犯人は女性の看護師と目をつけていました。

犯人自殺で片付けたい上層部が会見を開く中、「真犯人はほかにいる!」とマスコミのカメラの前で主張する三枝。

プロファイリングの正確性と正義感により、岩田、昔大山から指導を受けていた桜井などが時効までに犯人確保を成し遂げようと動き出します!

 

女性看護師の吉本からの情報提供により、ひとりの女性看護師が犯人であると確信し警察署に連行します。

しかし、まったく身に覚えのない風の女性。

その姿を分析し、この女性は犯人ではないと三枝は気づきます。

情報提供してきた側である吉本が、事件の証拠品などをあたかも同僚の女性看護師のものであるかのように偽装したことに気づくのでした。

 

時効まで1時間ほどとなったところでのミス。

絶体絶命の様相でしたが、三枝のプロファイリングで再び「自己顕示欲の強い犯人はきっとこの光景を近くで見ている」と踏み、マスコミとやじ馬でごった返す警察署前にいるはずだと推理。

その推理通り、逃亡寸前の吉本を見つけ出すのでした。

 

時効までのわずかな時間の急展開の連続に、ハラハラが止まらなかった第1話。

犯人と思しき吉本を捉えたところで次週に持ち越されました。

また、三枝の兄と思われるまだ若い男が捉えられ連行される中、少年の三枝が必至で「お兄ちゃんは何もやっていない!」と叫ぶシーンが度々ありました。

このことがいったい現在の三枝にどのような影響を与えているかも、非常に気になるポイントですね!

 

『シグナル 長期未解決事件捜査班』第2話のあらすじ

 

三枝健人(坂口健太郎)は、幼い頃に起きた女児誘拐殺人事件で、被害者の女子児童を連れ去った謎の女を目撃。そのことを警察に訴えるものの相手にされず、15年後、事件は間もなく時効を迎えようとしていた。
警察官になった健人は、ある日、廃棄予定の無線機から声がすることに気付く。声の主は刑事の大山剛志(北村一輝)。大山は、15年前の事件で指名手配された男の遺体を発見したと話し、半信半疑の健人が現場へ向かうと、そこには確かに男の白骨遺体があった。時効成立を前に、事件は犯人の自殺で終わるかに見えた。
しかし、犯人が女だと断言する健人は、刑事の桜井美咲(吉瀬美智子)とともに、犯人逮捕に向けて捜査を再開。すると、吉本圭子(長谷川京子)という看護師が捜査線上に浮上し、その風貌から、健人は彼女こそが真犯人だと確信する。圭子は警察で取り調べを受けるが、美咲の尋問に淡々と答えるだけで、なかなか口を割らない。時効成立が刻一刻と迫るなか、健人たちには焦りの色が見え始めて……。
やがて、日本で時効の撤廃が決まり、警視庁内には長期未解決事件捜査班が発足された。美咲は班長に任命され、刑事の山田勉(木村祐一)と鑑識官の小島信也(池田鉄洋)が配属される。一方、健人は女児誘拐殺人事件の後、一度だけ無線機で大山と交信していた。「また無線はつながる。その相手は3年前の私です」と、謎の言葉を残す大山――。
8年後、アメリカでプロファイリングを学んだ健人は、プロファイラーとして長期未解決事件捜査班に配属される。そして早速、未解決のまま捜査が終了した過去の連続女性殺人事件と対峙することになり…。

 

前回の第1話では、時効まで1時間ほどのところで犯人と思しき吉本を確保していました。

第2話では時効に至るまでの犯人との攻防戦が繰り広げられるでしょう。

ただ、公式のあらすじや予告動画を見る限り、犯人は口を割らずに時効が成立するようですよね…。

そして、時間が流れ、日本での時効撤廃が決定されるという展開。

おそらくこのことをきっかけに、長期未解決事件となった少女誘拐事件をもう一度三枝が捜査し始めるようです。

 

また、このドラマ最大のポイントである謎の無線機。

過去に生きる大山と現代に生きる三枝が次はどのような交信をするのか。

いよいよ第2話からが本題といったところですね!

期待しましょう!

 

 

『シグナル 長期未解決事件捜査班』の見逃し動画はFODで無料視聴しよう!

 

初回放送からすっかりこのドラマの世界観にハマってしまった人も多い『シグナル 長期未解決事件捜査班』。

ドラマはまだ序章。

第2話からの展開がますます気になりますね!

 

そんな新ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』ですが、うっかり見逃した!次回のためにもう一度話を整理しておきたい!

そんな人も少なくないはずです。

そこでご紹介したいのが、知っておいて損はないお得なサービス『FODプレミアム』です。

 

『シグナル 長期未解決事件捜査班』は、FODプレミアムで全話配信予定!

 

FODプレミアムは、フジテレビが展開するオンデマンドサービス。

『シグナル 長期未解決事件捜査班』をはじめとするフジテレビの最新ドラマや、過去の名作、バラエティなどの作品をいつでもどこでも楽しむことができちゃいます。

しかもFODプレミアムは通常月額888円ですが、今なら無料お試しキャンペーンを実施中!

31日間完全に無料でサービスを試すことできます。

 

登録方法も簡単で、

  • Yahoo!JAPANIDでログインする
  • Yahoo!ウォレットでクレジットカード決済を利用する
  • FODプレミアムに登録する

とたったの3ステップ。

Yahoo!JAPANIDは誰でも無料で作成することができますし、決済方法としてクレジットカードを登録しますが、無料期間中に解約すれば料金がかかることは一切ありませんので安心ですね。

 

ここでひとつ注意していただきたい点があります。

現在、『シグナル 長期未解決事件捜査班』は見放題作品ではないため、各話ごとにポイントの購入をして見るか、全話まとめてポイントの購入をして見るかいずれかが必要となります。

 

しかしFODプレミアム会員には毎月8のつく日である、8日・18日・28日に400ポイントのボーナスが付くんです!

さらに会員継続をすれば、毎月100ポイントが必ずあわせて付与されるんです。

ということは、1か月に1300ポイントが必ず貰えることになります!

もちろん、31日間無料お試し中にもこのポイントはゲット可能です。

『シグナル 長期未解決事件捜査班』は1話につき300ポイントで視聴可能ですから、見逃した回や見直したい回を視聴するには十分なポイントではないでしょうか♪

 

だから見逃してしまった『シグナル 長期未解決事件捜査班』を視聴したらすぐに解約してしまえば、完全に無料で楽しめてしまうわけなんです!

もちろんFODプレミアムには『シグナル 長期未解決事件捜査班』以外にも面白い作品がたくさんありますし、原作の韓国ドラマ『シグナル』も見ることができます♪

気に入ったら継続するのもありですよ。

とにかく、『シグナル 長期未解決事件捜査班』を完全無料かつ合法に楽しめるのはFODプレミアムだけなので、つい見逃してしまったという人は今すぐFODプレミアムに登録しちゃいましょう!

 

>>今すぐFODプレミアムを31日間無料で体験する!

 

まとめ

 

急展開から目が離せないストーリーと、ドラマ全体の雰囲気をよく表す映像美にもファンが多い『シグナル 長期未解決事件捜査班』。

もしも見逃してしまっても大丈夫です!

ぜひFODの31日間無料トライアルを利用して、お得に何度でも『シグナル 長期未解決事件捜査班』を楽しんでくださいね♬

 

>>FODプレミアム公式サイトへ